プロフィール
おっけちゃん
おっけちゃん
4つ年下の夫、おませでお茶目な小学生の娘との3人です おちょこちょいでお笑い大好きの私達ですが、「ビストロたけnn」に来て下さるお客様の「美味しかった」「また来ます!」の一言と笑顔が私の活力剤! 皆さんお気軽に来てちょ~見てちょ~寄ってちょ~
地図を見る
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2009年09月12日

秋になると…

久しぶりの雨になり、風も少し冷たく感じます。


こんな日は、落ち着いて詩を読むのもいいですね〜

こんな詩はいかがですか?



「ゆずり葉」
   
  子供達よ
これは譲り葉の木です
この譲り葉は
新しい葉が出来ると無造作に落ちる

新しい葉に命を譲って―――
   
  子供達よ
お前達は何を欲しがらない

でも

凡てのものがお前たちに譲られるのです

太陽の回るかぎり
護られものは絶えません
   
輝ける大都会も
そっくりお前たちが譲り受けるのです

読みきれないほどの書物も
みんなお前たちの手に受け取るのです

  幸福なる子供達よ
お前たちの手はまだ小さいけれどーーー

世のお父さん、お母さんたちは
何一つ持ってゆかない
みんなお前たちに譲ってゆくために
いのちあるもの、よいもの、美しいものを
一生懸命に造っています

今、お前たちはきが附かないけれど
ひとりでにいのちは延びる
鳥のようにうたひ
花のように笑っている間に
気が附いてきます
そしたら子供達よ
もう一度、譲り葉の木の下に立って
譲り葉を見るときが来るでせう


……………河井酔若


そうです、親達は何も持って行かなれど、子供達がまたその子供達にゆずっていけるように、その生きざまを見せて行くのだと思います





Posted by おっけちゃん at 18:18│Comments(7)
この記事へのコメント
私は 今 NHKの朝の『つばさ』を 見てるんだけど 今朝 つばさのお父さんが(和菓子屋さん)『自分は 先代から 味のバトンを受け 今度は 次の子に バトンを渡すだけ そうすれば 何年 何十年 味が 受け継がれていく』って 言ってました… あのね きのこディナーって いつまでもしてますか?
Posted by さとまる at 2009年09月12日 20:01
さとちゃん 私も見てたよ 「つばさ」
 そう言ってたねー(´∀`)

いい物を譲ってあげられるように
 私たちも親たちから譲られたいいものを
  消さないようにしなくちゃいけないですね
 
Posted by ヴィアン at 2009年09月12日 20:23
親から受け継いだものを大切にしやんとね。個性もそのひとつやと思うし。

自分の子供に伝えることができるか分からへんけど、今はせーいっぱい生きることかな。
Posted by そうめん at 2009年09月12日 21:16
さとちゃん

そうやね~確かに伝統ってそうやってバトンをリレーしていってできるんやね。
野菜ときのこのコースは日によって、メニューがかわるので言うてくれれば、まだまだ大丈夫やで
Posted by おっけちゃん at 2009年09月13日 23:19
ヴィアンちゃん

ヴィアンちゃんも 「つばさ」見てるんやね、私も見れる時間帯やけどバタバタしてるからなあ~

ヴィアンちゃんのいうように、いい物を譲ってあげられるように、受け継がれたものをしっかり、受け継いでいかなきゃね
Posted by おっけちゃん at 2009年09月13日 23:22
そうめんさん


たとえ、自分の子供に伝えることができなくても、世の中の子供達に伝えられる事も沢山あるよね~
今は精一杯生きて、少しでも何か残せれるようにしたいものです
Posted by おっけちゃん at 2009年09月13日 23:25
「忙中閑有り」
日々多忙な中、時間を見つけて詩を読む。
趣があっていいですね!
また内容が最高!!!!
親から子へ、子からまたその子へ・・・
形ある物も大切ですが、人としてあるべき
ココロを伝えていきたいですね。
おっけちゃん、素敵な詩をありがとう~(笑)
Posted by も~やん at 2009年09月13日 23:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。