プロフィール
おっけちゃん
おっけちゃん
4つ年下の夫、おませでお茶目な小学生の娘との3人です おちょこちょいでお笑い大好きの私達ですが、「ビストロたけnn」に来て下さるお客様の「美味しかった」「また来ます!」の一言と笑顔が私の活力剤! 皆さんお気軽に来てちょ~見てちょ~寄ってちょ~
地図を見る
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2008年10月01日

10月の歳時記

えっ?もう10月?今年もあと3ヶ月?なんてはやいの?


金木犀の香りに乗って、おなじみ歳時記をば。

*和名 ・・・ 神無月 (かんなづき)

       色々な説がありますが、全国の八百万(やおよろず)神様が、
        男女縁結びの相談をするため 出雲大社に集まるために
        各地の神々が留守になるこ に由来します。

       反対に神さまが集まってくる島根県では「神在月」といいます。

      ではなぜ、出雲大社かと言うと、大地を象徴する神である大国主命には
      沢山の子供がいて、彼らを全国各地において、国を管理させるようになり、
      年に一度戻って、その年の報告や来年の相談をするようになりました。
      やがて、その他の神様も一緒に来るようになったとか。


*雅名・・・神去月、紅葉月、良月

*誕生花・・・ガーベラ(神秘的な美しさ)
       
*誕生石・・・オパール(ロマンス)
        ピンクトルマリン(永続する愛)


 *旬の食・・・秋刀魚、鮭、マツタケ、ゆず、きのこ、サツマイモ、くり、ぶどう
         私個人的に おにぎり!

*行事

1 日 衣替え
    平安時代に始まった習慣ですが、
     衣替えを 6月1日 と 10月1日に行うようになったのは、江戸時代から。

    赤い羽根募金
 
8日ごろ  寒露  (かんろ) 

      寒露とは、野草に宿る冷たい露のことをさし、秋の深まりを思わせる。

      山野には晩秋の色彩が色濃く、紅葉が美しい。

      朝晩は肌にそぞろ寒気を感じ始めます。
 
11日 十三夜(旧暦9月13日)

       旧暦9月13日に行う月見の行事。

          旧暦8月15日の十五夜 (中秋の夕月) に対し、「後の月」 ともいいます。

          また、「芋名月」 に対して、「豆名月」、「栗名月」 とも呼びます。

       十五夜と同じように供え物をするが、

       ちょうど食べ頃の 大豆 と 栗 が主役で、

                      そのほかに 月見団子 ・ 柿 なども供える
     
13 日 体育の日
    運動会大好きな私ですが、合併のため町民運動会がなくなったのは残念でなりません

22日 時代祭り 

      京都三大祭りの一つ。

      京都御所、建礼門前から平安神宮応天門まで、

      京都にゆかりのある時代風俗の変遷を行列にして見せるという趣向。


23日頃  霜降 (そうこう)  
      秋も末で、霜が降りるころという意味。

      早朝などに霜をみるようになり、秋の物寂しい風趣がかもされてきます。

31日 ハロウィーン
   11月1日はキリスト教の全ての聖人の祝日 「万聖節」 の前日である。
   でも、キリスト教の行事ではありません。
   
   古代ケルト人が、秋の収穫を祝うイベントとしてスタート。

   31日の夜は、この世とあの世との境目がなくなり、あの世の悪霊や死者の霊がこの世にやってくるので、
   仮装して霊たちのめをくらまし、自分に乗り移らないようにしたとか。

わたしの住むところではこども数が多いので、3年前までハロウィンをしていました。
それぞれに仮装してコンぺティションをした後、各家庭をまわり、お菓子をもらいます。

各家庭では工夫をして、子供達を驚かせて、楽しみました。
子供達も大きくなったので、なくなってしまいましたが・・・


長々とお付き合い、ありがとうございました。

さあ!良い季節です。
仕事に遊びに大いに楽しみましょう!

 ***  紅葉(もみじ)狩り (10月中旬から11月上旬)***



            秋の夕日に照るやまもみじ

                 濃いも薄いも数ある中に

               松をいろどる楓や蔦は

                   山のふもとのすそ模様  



      紅葉狩りは 山野に、紅葉を訪ね、観賞する行事で

            地方によって異なりますが、

            楓かえで、銀杏、山漆、錦木などが紅変、黄変する、

            十月から十一月上旬が紅葉の季節です。

       紅葉はその年の冷え込みの程度によって、その美しさに差がでるといいます。

       



 






      



 



 



 
 

 



 
 




 

      


  


Posted by おっけちゃん at 23:50Comments(4)