プロフィール
おっけちゃん
おっけちゃん
4つ年下の夫、おませでお茶目な小学生の娘との3人です おちょこちょいでお笑い大好きの私達ですが、「ビストロたけnn」に来て下さるお客様の「美味しかった」「また来ます!」の一言と笑顔が私の活力剤! 皆さんお気軽に来てちょ~見てちょ~寄ってちょ~
地図を見る
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2008年07月01日

さあ、7月です。今月も歳時記から

今年も早くも、後半戦に突入!

毎月ながら早いですねぇ〜

さて、では歳時記を

*和名 文月

*雅名
七夕月
秋初月(あきはづき)

*月のお花
百合…花言葉
(威厳、純潔、甘美)

*誕生石
ルビー
 (情熱、純情)

*旬の食
鱧、トマト、
すいか

*行事
七夕…7日の夕方にちなんで名付けられ、機織り機を意味する棚織(たなはた)とも呼ばれます。

そうめんを織り姫の糸になぞらえて、食べるのが習わしです。

天の川にかかったかささぎの橋を渡り、牽牛星と織女星がデートする日です。

この二人にちなんで、男は農業が、女は手仕事がうまくなるという信仰があります。

昔は7月7日の晩、たらいに水を入れて屋外に出し、その水に星を映し、星の光で針に糸がうまく通ると手仕事が上手くなると、信じられていました。

笹に短冊をつけるのは、もともと織り姫に見てもらおうと、一年の間に織った布の切れ端をつけていたものが、紙に替わった名残です。

天の川をのぼる魚を見立てて、鮎の塩焼きも、そうめんと共に、七夕の夕食には登場しますね

そして夏休み(子供には楽しみですが、親は憂鬱)

それから

お互いの無事を、
文を交わして確認→暑中見舞

贈り物を交わして確認→お中元

になったといいます
と言うわけで、暑中見舞いやお中元についてのマナーは、日を改めて、UPする事にします。

さあ、梅雨明けももうすぐ!暑さに負けず、今月も頑張りましょう(^O^)

  


Posted by おっけちゃん at 22:39Comments(6)