プロフィール
おっけちゃん
おっけちゃん
4つ年下の夫、おませでお茶目な小学生の娘との3人です おちょこちょいでお笑い大好きの私達ですが、「ビストロたけnn」に来て下さるお客様の「美味しかった」「また来ます!」の一言と笑顔が私の活力剤! 皆さんお気軽に来てちょ~見てちょ~寄ってちょ~
地図を見る
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 12人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


2008年05月05日

粽(ちまき)と柏餅

今日はこどもの日。

皆さんは粽派? 柏餅派?

さて、ちまきは今から2300年前の中国に、屈原(くつげん)という、詩人がいて、人々から大変慕われていたわけですが、陰謀により、国を追われ、失望し、川に身を投げました。

その日が、5月5日。

国民は川に沈んだ彼に、供物を投げいれて、弔いをしましたが、その供物も龍に盗まれて、しまいます。


そこで、龍の苦手なれんじゅの葉で、もち米を包み、邪気を払う5色(赤、青、黄、白、黒、)の糸で縛って川へなげると、無事彼の元へ届いたとうです。

これがちまきのはじまり。

中国では、5月5日にちまきを作って災いを除ける風習が出来、端午の節句となって、日本に伝わりました。



対して、柏餅は日本特有のものです。

柏餅を包む柏は昔から、神聖な木とされていた事や、新芽が出ないと古い葉が落ちないので、「子供が生まれるまでは親は死なない」→
「跡継ぎが絶えない」「子孫繁栄」に結びつき、端午の節句の縁起のいい食べ物となったそうです。


ちなみに私は、柏餅派です
  


Posted by おっけちゃん at 23:10Comments(8)